「ポスタープリント.JP」用紙種類とサイズのご案内

用紙種類とサイズのご案内

ポスタープリント.JPでは、下記の8つのメディアをご用意しております。また、代表的なサイズと主な用途についても掲載しました。用途と予算に合わせてメディアの種類やサイズを選ぶ際の参考にしてください。

メディア(用紙)の種類と用途

(1)厚手普通紙(レッドラベル75 LFM054 OCE Red Label 75g/㎡)

最もポピュラーな厚手普通紙です。白色度が高く品質重視の図面用に最適です。 PEFC森林認証紙です。1067mm幅。最も安価です。

(2)ポスタータイプ普通紙(トップカラー90 LFM090 Top Color 90g/㎡)

白色度が高く、室内展示用に最適なポスタータイプ普通紙です。1067mm幅。安価な用紙です。

(3)糊付き上質マット紙(セルフアドヒーシブペーパーLFM361 S-A Paper 90g/㎡)

紙の裏面に弱粘着性のりがついた特殊紙です。表面は軽くエンボス加工されています。湿度にも強く、ガラス等にも高い密着性がありますので、店内POP、ポスターなどガラス面への掲示に便利です。坪量90g/㎡。1000mm幅。

(4)壁紙風不織布(ウオールペーパーLFM345 Wallpaper. non-woven 130g/㎡)

壁紙風不織布です。普通紙より丈夫で耐久性があるので複数回の掲示用として適しています。1000mm幅。

(5)ユポ合成紙(ユポプレーンYUPO Plain 130)

水に強く破れにくいので屋外での雨天時の図面使用やPOPなどに最適です。短期間であればアウトドアでも使えます。厚さ130μm。1067mm幅。

(6)不透明フィルム(コントラストフィルムLFM450 Contrast 4 mil)

不透明なポリエステルフィルムです。シャープなラインや鮮やかな発色が特徴です。短期間ならアウトドアでも使えます。厚さ117μm。914mm幅。

(7)マット加工フィルム(両面マットフィルムLFM310 Polyester 3.5)

高密度のポリエステルフィルムです。電飾用に使われます。厚さ88μm。914mm幅。

(8)フォトポスターペーパー(セミグロスIJM145)

ポスター用の光沢のある用紙です。発色性の高い用紙です。写真などがあるポスターに最適です。厚さ133g/㎡。1000mm幅。


JISで定められた仕上がり寸法

紙のサイズはJISにより「原紙寸法(JIS P 0202)」「仕上がり寸法(JIS P 0138)」の2種類が定められています。生産者側にとっては原紙寸法も重要ですが、利用者側としては仕上がり寸法が重要です。
JISでは用紙サイズはA系列とB系列が定められています。

A系列(A判)は世界標準のサイズ
A列は国際規格ISOで定められている国際標準です。元はドイツで使われていた規格ですが、今では国際規格となっています。縦横比は1:√2となっています。ISOでは最大がA0(841×1189mm)で、この二分の一のサイズがA1、さらにこの二分の一のサイズがA2、最小A12まで定められています。また、慣用的にA1サイズをA全判、A0サイズをA倍判という呼び方もされます。具体的な数値は説明図を参照願います。

B列(B判)は日・中・台独特のサイズ
B列は日本の美濃和紙を基準に造られた紙の規格で、日本と中国、台湾だけが使用しています。縦横比は1:√2です。大きさは最大がB0(1030×1456mm)で 、この二分の一のサイズがB1、さらにこの二分の一のサイズがB2、最小B12まで定められています。学校で使われるものはB判が多いようです。また、慣用的にB1サイズをB全判、B0サイズをB倍判という呼び方もされます。具体的な数値は説明図を参照願います。

A系列とB系列の仕上がり寸法の図です。


代表的なサイズと用途

駅張りポスターや交通広告用の一般的なサイズ
駅張りのポスターではB1サイズの大型のポスターがよく使われます。この倍のサイズで横長に掲示されているものはB0です。電車内の中吊り広告はB3サイズが普通です。

B1サイズの駅張りポスター

B1サイズの駅張りポスター

電車内の中吊りポスター

電車内の中吊りポスター

↑ PAGE TOP